メインコンテンツに移動
放射線治療における安全性の確率が、全てにおいて優先されるべきであることは、言うまでも有りません。そのために行われる全ての測定は出来る限り正確で無ければなりません。しかしながら、様々なQAプロセスが異なる結果を生み出す可能性があります。その為、もう一度独立して計算を検証する事が必要不可欠です。これがまさにRadcalc®︎が行う事です。 使いやすいソフトウェアプラットフォームで線量計算を個別に検証します。 Radcalc®️は次の高度な機能が備わっています。 ・IMRTのサポート ・MLCのサポート ・VMATのサポート ・3D線量ボリューム小線源治療モジュール ・TomoTherapy®️のサポート ・CyberKnife®️のサポート ・ガンマナイフモジュール このソフトウェアは、より複雑で拡張的なQAプロセスを単純化するために開発されました。 必要なモジュールと機能を選択し、データをインポートすると、TPSからエクスポートした後に計算を完全に自動化できます。 RadCalc®はあなたの二次チェック作業をサポート致します。 https://lifelinesoftware.com/