メインコンテンツに移動
放射線治療用レーザーマーキングシステムDORADO nova 3は、CT, PET-CT, SPECT装置に設置され、腫瘍アイソセンターや治療領域のデータを治療計画装置から取得し、移動式レーザーで患者の体表面上に正確・迅速に表示します。 特長 最適なワークフローにより精密・安全・迅速 移動式レーザー 3セット(サジタルライン、コロナルライン)、 固定式レーザー 2セット (トランスバーサル) green または red の鮮明なレーザーライン ・ライン幅:1 mm 未満(焦点調整可能) ・ライン長:3 m 距離で 6 m (red), 2.7 m (green) 最高の照射精度:4 m 距離で ± 0.5 mm 移動式レーザーの最高走行速度:200 mm/s ・速度選択可能:0.2 – 200 mm/s 自動較正により最高の信頼性 IRリモコンでレーザー初期調整 側面ユニットはスイング機能付 最大 5 台の治療計画装置と接続可能