メインコンテンツに移動
開頭/開腹手術を伴う手技において。画像診断装置との併用が日常化されてきています。 このような現状で、脳下領域に特化した天板及びデバイスを有するアンギオ装置寝台で、サージカルインターベンションを行いたいとの要望が多くありました。 開頭手術を伴うことから、スカルクランプ等の開頭手術用固定デバイスを取り付けられる患者寝台が必要となりますが、NSI-600およびNSI-650は、アンギオ装置寝台にそれらのデバイスを頭頂部付近で取り付けられるようにしたエクステンドレールシステムとなります。 ご使用の寝台形状に合わせまして、NSI-600(NeuroTop用)またはNSI-650(CardioTop用)を選択頂けます。
サイズ
【Collateral NSI-600(Neuro)】1000(L)×570(W) ×45(H)mm 【Collateral NSI-650(Cardio)】1000(L)×595(W)×45(H)mm ※PHILIPS社AD7寝台向け寸法です
重量
10.5kg
材質
カーボン/アルミ/ステンレス
注意書き及び補足
取り付け可能デバイス重量上限:30kg
・薬事一般的名称:手術台アクセサリー JMDN70469000 ・薬事販売名:患者寝台用延長アクセサリーレール ・クラス分類:クラスⅠ 一般医療機器 ・届出番号:13B1X100820000013